売電権利を取得したけど、結局手をこまねいて、手付かずにしていませんか?
いまだ業者の選定に迷ったり、発電所の建築計画が予定通り進まなかったりしていませんか?
事業規模によっては、そのまま放っておくと行政処分になる可能性もありますので、
まずは当社にご相談ください。豊富な知識と実績で、しっかりと解決させて頂きます。





太陽光発電で発電した電気は電力会社が20年間固定価格で買い取ってくれるので、 毎月一定の収入が見込めます
太陽光発電により電気を発電することでCO2削減につながります。企業として環境保護活動を行っている姿勢はお客様から評価され、 信頼へとつながります 。
太陽光発電の普及促進のため、その導入に対する税制優遇措置が設けられています。




※各種要件がありますので、詳細な計算等に関しては、顧問税理士または税務署にご相談ください。
制度の詳細: 資源エネルギー庁ホームページ


対象設備
再生可能エネルギーの固定価格買取制度の認定を受けて取得された再生可能エネルギー発電設備。
ただし、住宅等太陽光発電設備(低圧かつ10kW未満)を除く。
措置内容
対象設備について新たに固定資産税が課せられることとなった年度から3年度分の固定資産税に限り、
課税標準を、課税標準となるべき価格の2/3に軽減
適用期間
平成26年3月31日まで
自立運転機能付きのパワーコンディショナの場合は、非常用電源として活用できます。

折半屋根に専用の取付金具で太陽光を設置します。ニーズに合わせて取付方法を選択することができます。
陸屋根に土台を設置し、角度と向きを計算し、太陽光を設置します。また、屋根に穴を開けない工法もございます。
地上に柱を立てて、太陽光を設置します。設置スペースや方角に合わせて最適な設置方法をご提案いたします。
     
▲ 福島メガソーラー(郡山1.8M)
▲ 塩谷メガソーラー (栃木県1.6M)
▲ 栃木メガソーラー(矢板市1.2M)
▲Y精工様
▲Rマンション様
▲特定非営利法人N様
▲N株式会社様
▲宗教法人Z様
O住宅様分譲地






オール電化済みのご家庭で、毎月10,000円電気代を支払っているご家庭があったとします。仮にこのようなご家庭が3kシステムの太陽電池を導入した場合、8,000円程度に下がります。さらに余った電気を九州電力に売る事ができ、8,000円程度の売電を受け取ることができます。つまり、実質光熱費ゼロも可能です。

又、災害時や電気が停電してしまった時には自立運転に切り替えれば、パワーコンディショナ本体側面右横の専用コンセントから最大1500Wの交流電力が取り出せます。
▲ 兵庫県 M様邸
▲ 大阪府 M様邸
▲ 滋賀県F様邸
▲ 大阪府H様邸
▲ 奈良県T様邸
▲ 滋賀県M様邸
 
▲大阪府K様邸
▲ 大阪府A様邸
 



遊休地の活用としてオフィスビルや集合住宅などを建てた場合、入居率によって収益性が大きく変動します。

よって常に高入居率を維持するための何らかの策が必要となりますが、そのためには多くの労力と経費が必要となります。しかし、それでも確実に高入居率を維持できるとは限りません。

対して太陽光発電所は、短期間での収益では天候によって大きく上下することもありますが、全量買取の場合、買取契約期間が20年間と長期間ですので、天候による収益の揺らぎは平均化され、多くのケースでは計画時の想定発電量の範囲内に収まります。 よって建設後は性能の維持にさえ努めさえすれば、不安の伴わない安定した収益源となり得るのです。
メガソーラー設置に適した土地は、空き地、山林、荒れ地や遊休地など。現在は、使われていない土地を利用して有効な資産活用につながります。
※農地に関しましては、農地法によって農地転用許可の申請を各市町村に行い許可を得ることが必要となります。
 



深夜の安い電力を蓄電池に貯めて、電気料金の高い時間帯に使って、 毎月の電気代を安く上手に節約 ができます。オール電化とあわせて導入すると、電力のピークシフトにより 総合的に光熱費の削減が期待できます。
太陽光発電と蓄電池の組み合わせは相性バツグン!
ご家庭のライフスタイルや目的にあわせて 「太陽光の売電量をアップさせる」または「太陽光発電で賄えない時間帯の電気をカバーする」 ことができます。
災害時、停電時も利用できるから安心  ※14.4kWhシステム製品の場合です。製品によって異なります。
非常時の使用については各メーカーの製品情報をお調べください。
日本各地で起こった地震や台風などの予測できない自然災害を経験し、近年はとても防災意識が高まりましたね。
蓄電池は貯めた電気を使うことができるので安心です。
特に小さなお子様やお年寄り、病気を抱えた方がいらっしゃるご家庭では電気は重要なライフライン。
蓄電池は、もしもの時にもしっかりと備えることができます。 製品によりますが、 停電時に使いたい家電製品をあらかじめ設定しておくことができ、太陽光発電や蓄電池から電力供給が開始され12〜24時間連続で使用可能なものもあります。 また、日中は太陽光発電の発電量に余裕があれば蓄電池への充電もできる製品もあるので、さらに安心です。







▲ 大阪府 H様邸
▲ 大阪府 N様邸
▲ 奈良県 T様邸
▲ 大阪府 I様邸
▲ 大阪府 N様邸
▲ 滋賀県 I様邸
▲ 大阪府 T様邸
▲ 大阪府 I様邸





大阪府知事許可(般ー26)第141010 大阪府知事登録 第2013-0270